グラウンド・ゴルフ

2021年度 グラウンド・ゴルフ部 活動報告

2)2021年上半期の活動を終えて

昨年来の新型コロナの感染が続いている中 2021年3月から活動を開始しました。
グラウンド・ゴルフは屋外活動とはいえ、感染予防をお互いに守りながら計画通りの日程を消化してきました。幸いにも週1回の開催を7月まで、都合22回実施できました。
上半期の成果は、昨年に続き毎回の参加者が多いということです。延416名、1回当たり19名と盛会でした。また、年々顕著なのはホールインワンの実績が210打、1回当たり9.5打と昨年の7.3打を大幅に上回りました。
また 恒例になっている遠征も、皆さんの賛同でマイクロバスをチャーターして 城陽市の一休グラウンド・ゴルフ場に参りました。秋には、羽曳野市のコースへの遠征も計画しています。
個人別の成績は、次表の通りです。更なる技能向上と会員相互の親睦を目指して下半期を元気で迎えたいと思っています。
担当:小林 祥浩

<クリックで拡大>

 

1)なぜグラウンド・ゴルフは人気があるのか

新型コロナウィルスの影響で、むつみ会の活動も屋内活動は休止に、屋外活動は感染予防策をより重視して何とか開催を継続しています。そんな中、毎週1回の練習日に、以前にない多数の参加者で賑わっています。出席率は90%を超え、土曜日が待ち遠しい方が多くおられます。
大変喜ばしいことです。

一休グラウンドゴルフ場

全国でも人気が高く、360万人の競技人口といわれています。そして、余り知られていないのはG・Gは日本で誕生したスポーツです。1982年に鳥取県泊村(現湯梨浜町)でスポーツ振興のため創案されたと聞いています。子供から大人まで、だれもが楽しめるスポーツです。

むつみ会のメンバーは23名です。92歳を筆頭に平均年齢81歳で創部21年目に入りました。G・Gは、他のスポーツと違い高い技術は左程必要なく、集中力と細かな調整力があれば初心者でもすぐにプレーを楽しめます。

羽曳野グラウンドゴルフ場

もう一つのお楽しみは、ホールインワンです。ストロークで負けていても、ホールインワン1打で最後に合計点から3点を引いてくれます。この1打のホールインワンを目指して、プレーヤーが日々努力を重ねているのです。

また、審判のいないスポーツですから自分自身が審判です。公正さが強く求められ、お互いの交流とふれあいで新しい仲間と生涯楽しめること間違いなしです。練習は中央公園のほか、天然芝の公認コースへの遠征(マイクロバスにて)も計画しています。

新しい仲間が増えることを願っています。

担当:小林 祥浩

 

2020年度 グラウンド・ゴルフ部 活動報告

3)むつみ会GG部の遠征は「大和高原ボスコヴィラ」へ

今年の遠征は、春はコロナの影響で見合わせ、10月に恒例の「大和高原ボスコヴィラ」に決まりました。
今回で11回目を数えますが、初めて参加される方も数人おられ、天然芝のコースでのプレーに期待が寄せられました。
幸いにも台風14号の影響を受けることなく、好天の10/11、19名(過去最多)が元気に出発しました。いつものように午前中に3ラウンドを回り、昼食休憩。午後も休むことなくラウンドした方が、ほとんどで元気なシルバー集団をいかんなく発揮しました。
帰路、「道の駅 針テラス」に立ち寄り、その後、車中(送迎バス)で成績発表と賞品授与などを行い、16時半ごろ無事帰宅いたしました。
次回の遠征が待たれます。
記:小林 祥浩

2)恒例の校区対抗親善GG交流会を開催

例年6月に開催されていた校区対抗親善交流会、今年はコロナウィルスの関係で延期になり、9月26日に開催されました。
東生駒1丁目から3名、西菜畑から3名、当むつみ会から16名、計22名が秋晴れの日に交流試合を行いました。
2年前までは市老連の校区代表選手選考を兼ねてましたが、その大会も団体戦から個人戦になつたため、競技より親睦と和やかな雰囲気のもと 交流を深めることができました。
来年の再開を約し、交流会を終えました。
記:小林 祥浩

1)2020年後半戦を目指して   2020-8

今年は例年より少し早めの3月21日にスタートしました。
4月に入り、予想もしなかった新型コロナの感染が広まり、当クラブも開催を控えました。
自治会のあらゆる行事が中止されるなか、当クラブは屋外競技でもあり、可能な限りの予防策を講じ、5月9日から再開することにしました。(4回分開催中止)

幸いにも、新たなメンバーが4名増え、活動会員24名の積極的な参加で、上半期は13回の開催ができ、喜んでいます。平均18.5人の参加者、多い時で23人の出席が2度もありました。平均年齢82歳の元気な集団です。

上半期は従来よりピンの位置の難易度を上げ、技能向上に努めました。
目標は全員のスコアアップです。GG(グラウンド・ゴルフ)は1ラウンド8ホール(パー各3×8)で競うスポーツです。
少ない打数が上位になります。
結果は末尾の表やグラフのとおりです。

目指すところは少しでも少ない打数で終える。そのためにはどのように攻略するか、頭を悩ますところです。「1・2打を増やし、4打を少なくする、5打は打たない!」

また、ホールインワンについても、昨年同様、良い成績が生まれました。
5月にFさん(85歳)、Sさん(79歳)が、1日で3回のホールインワンを達成されました。
おめでとうございます。

まもなく後半戦の始まりです。9月5日が初回の開催です。
みなさんのご健闘を祈ります。

記:小林 祥浩

2019年度 グラウンド・ゴルフ部 活動報告

1)グラウンド・ゴルフ部 活動報告(2)

2019年下半期に入り、予定どおりの日程を消化しています。
皆さんのご希望で学校での開催を取りやめ 中央公園で行っています。そんな中、11/9には素晴らしい記録を達成した女性がおられます。
Kさん(79歳)は、1日で4回のホールインワンを達成されました。スコアも 21、12、19の計 52ストロークです。1日3回達成の方は数人おられますが、4回達成者は2017-5月のMさん、2019-5月のNさん以来3人目の快挙です。
心からお祝いいたします

2)久々に天然芝の天理GG場に行きました。

過去には送迎バスで他のコースに遠征したことはありますが、今回は 初めて天理GG場を訪ねました。
11/11 お天気が心配されましたが元気に13名が出発、この会では初めてのコースです。すでに他のグループの方々が大勢プレーされていましたが、私たちも順調にプレーをしていましたが、急な雨で一時中断、辛抱強く待ったお陰で無事4ラウンドを消化できました。
久々に天然芝の感触を感じ、のびのびとプレーできたと好評のうちに半日を終えました。帰路、全員で昼食をとり無事帰宅できました。

小林 祥浩 記(2019.11)

 


2019.9

本年9月から後半戦に入りました。
上半期の前半に好プレーが続き、報告しましたが、その後も次の2名の方が、1日に3回のホールインワンを達成されましたので、ご報告します。

・2019-6-1  Kさん(82歳)
最初のラウンドで2回、次のラウンドで1回 計3回
・2019-9-7  Tさん(91歳)
最初のラウンドで1回、次のラウンドで2回 計3回

※写真 Kさん左側 Tさん右側


3月から始まったGGも7月で、本年上半期の練習日を終えました。
7月には雨と台風で2回ほど中止の止むなきに至りましたが、18回の練習が出来ました。
多くのメンバーの皆さんが熱心に参加していただいたお陰と喜んでいます。

下半期は9月から開催します。上半期以上に盛り上がりますよう願っています。
10月には 自治会の「秋祭り」で昨年同様GGが公開されます。
ご協力の程 よろしくお願いします。

小林 祥浩 記(2019.8)


恒例の「東小学校区親善グラウンド・ゴルフ交流会」が、5月25日(土)東小学校にて開催されました。
以前は、市老連の対抗試合の予選会として開催していましたが、その大会も個人戦(親善試合)に内容が変わりましたので、友好を兼ねた交流会として継続しています。

交流会ご参加の皆さん

上位入賞の3名

※写真は1回クリックでページが変わったあと、もう1回クリックすると拡大

当日は、悠遊会(1丁目)、老春クラブ(中菜畑)とむつみ会のメンバー16名でプレーを行いました。幸いにも好天に恵まれ 一層の親睦を深めることができ、次回の再会を約し 無事終えることができました。
担当 小林 祥浩


2019年に入り、3/9にGG(グラウンド・ゴルフ)の総会を開催。昨年度の活動報告や本年度の計画の承認をいただきました。
早速、翌週の3/16から本年度の練習日を開催しました。
3月から5月まで、幸いにもお天気に恵まれ、10回の練習日を消化しました。
会員は1名増の23名になりましたが、体調不良などで2~3名の方が欠席中。
でも、全体として多くのメンバーの出席で盛会。楽しい土曜日のひとときを過ごしています。
特筆すべきは、ホールインワンが数多く出て、盛り上がっています。

左)Fさん(84),右)Nさん(80)

・3月には、Fさん(84歳)が1日に3回のホールインワンを達成。最初のラウンドで2回、次のラウンドで1回のホールインワン。素晴らしい成績で終えられました。

・5月に入り、2週連続してホールインワンの記録が続出しました。
11日には、Nさん(80歳)が何と1ラウンドで3回のホールインワン。しかも次のラウンドでも1回のホールインワンを達成。・・という快記録がでました。
これは 当クラブ発足以来の新記録です。(平成12年発足)

・更に5/18には、同じNさんが最初のラウンドで2発のホールインワンを、続いて次のラウンドでも1回のホールインワンと、2週連続で快記録を達成されました。
1日でも滅多に出ない記録を2週に亘り達成されましたので、ここに、その記録を末永く残すためにも、ホームページに掲載させていただきました。

・お二人の益々のご活躍を願っています。
担当 小林祥浩


グラウンド・ゴルフ総会にて、2019年の練習日程を決定しました。

2019年練習日