沿革

   沿 革

矢田丘陵西陵に位置する当地区は、昭和43年(1968年)の近鉄東生駒駅の新設に始まる開発が、近鉄不動産によって急速に進展し、昭和48年のオイルショックに至るまで、3次にわたる宅地開発が展開されました。
当地区は、昭和51年ごろまでに開発が終了し、この間、東生駒2丁目~4丁目を主体とした「東生駒南自治会」が、昭和47年に発足しました。
現在では、約850世帯、人口約2,000人の閑静な住宅地域を形成しています。
(写真右:自治会館前の記念碑)

 

 

近鉄不動産
第1次開発(昭和43年)東生駒駅(東生駒1丁目)付近
(写真左が北)
第2次開発(昭和45年)

県道702号線南側の開発
(写真上が北)

 

第3次開発(昭和51年)

東生駒2丁目~4丁目の開発
(写真上が北)

※上記資料は「創業20周年記念誌・二十年のあゆみ」(1988.11)より
※近鉄不動産株式会社・本社 提供

空中写真(国土地理院)に見る当地区の変遷

※写真をクリックすると拡大

1948年8月(昭和23年)

1961年6月(昭和36年)

1967年2月(昭和42年)

1975年3月(昭和50年)

1979年9月(昭和54年)

1989年4月(平成元年)

2008年5月(平成20年)