のびのび体操

体操教室「のびのび体操」のご案内

 生駒市の広報誌で、体操教室「のびのび体操」の参加者を募集していました。

条件が65歳以上で、丁度、私が65歳になり介護保険課に申し込みました。

介護保険課の担当者からの連絡があり、坂東さんは、若いのでボランテァをお願いしますと言われてお手伝いをして7年になりました。

私がボランティアしている場所は、南コミュニティセンターで、月2回第二・第四の火曜日です。

3階の2部屋を利用して、前半・後半の組になっており、各組30名ぐらいが参加しております。

無料の為、参加申し込みが大変多いようです。

私が残念に思っているのは、参加者に東生駒南自治会の方は、誰も参加致しておりません。

東生駒南自治会の人がバスと電車を利用して参加されるのは大変なのでしょう

 のびのび体操は、高齢者が要介護にならない為に椅子を利用した体操です。

NHKテレビで痴呆症をストップ出来る体操を鳥取県八頭町で実施されており、元町長が痴呆症と診断されて、   のびのび体操に参加しているのが放映されていました。

男性は、のびのび体操に馴染み憎いのか、放映の中でも12名中2名ぐらいでした。

私がお手伝いをしている南コミュニティセンターでも、60名中約6名ぐらいです。

 今回、むつみ会の世話役を仰せつかり、担当している会員さんにお会いして、のびのび体操を南自治会で実施したい気持ちになりました。

当時、むつみ会会長中山様に、南コミュニティセンターに行って頂き「のびのび体操」に参加し体験して頂きご理解を得ました。

 実施するにあたり、最初は、月1回45分ぐらいで、生駒市役所の福祉部介護保険課にスポーツインストラクターを依頼し、日程の調整を南自治会館の利用日時等を調整をして、第二木曜日の午前10時15分~午前11時に実施致す事になりました。

30年度は、約28名ぐらいの人に参加頂いております。

参加者には、気楽に参加頂き、寒い日・暑い日・雨の日等は、身体の調子を考えて参加して下さいと言っております。

担当 坂東順三