ご挨拶

 

いよいよホームページ本格スタート

2019年2月1日

東生駒南自治会 会長 福井敏雄

昨年4月当初より、会員の皆様からの「リアルタイムで自治会の活動を理解し協力したい」

   趣味はバードウォッチング

というご意見があり、広報誌「こもれび」を全戸に配布したり、月2回の回覧板で自治会の活動や町の様子などをご紹介するなどいずれも紙ファイルで情報発信に努力してまいりました。

回覧板だと急いで次に回さなければならないので十分に見ることなく、簡単にスルーしてしまい、折角の発信もなかなか定着しにくいという現状があります。

そこで、本自治会では紙ファイル以外に、ホームページからでも閲覧できるよう「ホームページ開設」を決断いたしました。

当初は「どれだけの会員が見てくれるだろうか」「高額の運営費用が必要ではないか」「管理運営は誰がするのか」「永続的に管理運営する技術力はあるのか」などなど多くの不安材料がありました。

そこで、地域の人材や活力を生かしながら、自前でホームページ作成にあたろうと考え、役員だけでなく、地域の中でパソコンに興味があり、パソコン操作に堪能な方などにお声掛けをしたり、一般募集などをし、ホームページ作成委員会を結成いたしました。

           防災訓練

幸いなことに、パソコン技術にとても堪能で地域のことを真剣に考えてくださる方が応募され、
とても早い時期にあまり費用もかけず、レベルの高いホームページができました。

10月から11月中旬まで、ひとまず暫定的に開設をし、「秋祭りの広報」、「WEB回覧板」、「お役立ち情報」を中心に掲載いたしましたが、思った以上に反響があり、行事への参加者も多くなり、自治会の認知度の向上に手ごたえを感じるようになりました。

ひとまず11月でホームページを閉鎖し、委員会でさらに検討を加え、書式や様式を変更したり中身をバージョンアップし、自治会活動全般にわたる内容を掲載できるようにし、2月から、本格開設をいたしました

このページを利用して自治会の活動や地域の課題を会員のみんなで共有しながら、「この町に住んでいてよかった」といえるまちづくりに役立てればと思っています。

この機会に、ホームページを情報伝達のツールの一つに加えていただき、住民相互の親睦、地域の課題解決といった活動のほか、地域の安全管理や自主防災の取組み、独居老人や老老介護などに対する住民同士の見守りと助け合いができるようになればと願っています。パソコンやスマートフォンに疎遠の方も、ぜひこの機会に気軽にお付き合いいただければと思います。